【クルマの自力整備手帳】レガシィターボのDIY整備記録

生粋のレガシィ好きによるDIY整備記録

【エンジンからキュルキュル音を一発修復】エアコンONで大きな音が響くレガシィターボ

こんにちは! 

ますます年季が入ってきました^^;

走行距離16万9500キロを超えた我が愛車レガシィが、大きなキュルキュル音を奏でだしたのです。

それはエアコンをONにしたとき。

今までもキュルキュル音はしていても頻度が少なかったのですが、巨大化し頻繁になりうるさかったので、DIYすることになったのです。

f:id:journeeey:20170722225512j:plain

夏になるとエアコンをフル稼働するわけですが、いつも通りエンジンをかけてエアコンをONにした時に大きなキュルキュル音が発生しました。

 

おっとこれはいけない。

 

乗ってる私が怖くなってきてしまいます。

どうにか自分で直すことはできないものかインターネットで検索しますと、主な原因は以下のとおりでした。

  1. ベルトのテンションが緩んで滑っている
  2. ベルトが劣化して伸びている
  3. エアコンベルトが原因のケース
  4. ファン(オルタネータ)ベルトが原因のケース

これらの中で、振動等による1のベルトの緩みであれば簡単な作業っぽかったのですが、2のベルト劣化による緩みであれば使用に伴い切れる可能性があるため交換が必要という情報をゲット。

というわけで原因を調べるためにエンジンルームをオープン!

わが愛車レガシィのスペックはこちら

【車名】
LEGACY BP5 2.0GT Spec.B 5AT

【年式】
2003年5月 A型

【排気量】
2000cc

【エンジン】
水平対向4気筒DOHC ターボ

【最高出力】
260馬力(6000rpm)

【車両重量】
1,460kg

気になるエンジンルームのベルトを点検

f:id:journeeey:20170527110532j:plain

エンジンルームを開けて、カバーを外して、ベルトとご対面。

  • 右側がエアコンベルト
  • 左側がファン(オルタネータ)ベルト

f:id:journeeey:20170527111214j:plain

 

まずは2本のベルトを指で押してみると、右側のベルトが左側のベルトよりもたわむことが分かりました。

緩んでるのかな?

エンジン始動で原因が発覚!!

というわけでエンジンを始動して確認。

エアコンがOFFのときにはファン(オルタネータ)ベルトは回っていてエアコンベルトは回っていません。

 

そこで音が出る原因となっているエアコンをONすると・・・

キュルキュルキュル・・・・!!!!!

それはもう、けたたましいほどの轟音が団地内に響き渡ります。

乗るだけで迷惑な、乗ってる自分も耳障りな音をどうにかしたい!という思いでファンベルトを見ていると、

 

発見!!!

 

ベルトが回っているのにプーリーの回転が止まったときにキュルキュル音が出ているのであります!

原因は、ベルトの緩みでした。

自動車屋に持ち込んでベルト点検を依頼

これは滑っていますので近所の自動車屋に行ってベルトの状態を点検してもらいました。
(※ベルト劣化なら交換なので)

すると、

「異常はナシっすね!ベルト劣化やビビ割れはしてなかったッス^^;」

イケてる兄ちゃんが劣化なしだったので、交換は依頼せず帰宅。

そしてDIYへ!

ベルトのテンションを調整

f:id:journeeey:20170527111214j:plain

作業手順は以下の通り。

  1. エンジンは必ずOFF
  2. ◯のついたボルトを緩める
    (※決して外してはなりません。)
  3. ◯のボルトを締める方向に回し、ベルトのテンションを上げる
  4. 左のベルトと同じテンションに調整
    (指で押さえた時のたわみ量を同じに)
  5. ◯のついたボルトを締めなおす。
  6. エンジン始動&エアコンONで音がでないか確認

見事エンジンのキュルキュル音が改善

わがレガシィちゃんは見事に回復してくれました^_^

 

作業自体はボルトの開け閉めだけだったので、少しでもDIYをかじったことがある人なら簡単かと思います。

ただしベルトの締めすぎには注意してください。

指で押さえてみて左のファンベルト(オルタネータベルト)よりもテンションが高くなることはどう考えても異常です。

※ファンベルトから何も音がしない場合、そちらは正常ということです。

※もしかするとファンベルトも緩んでいるかもしれませんが「キュルキュル音がしない程度のテンション」は保たれいているので合わせましょう。

※テンションを上げすぎるとベルト機構がブッ飛びます。

f:id:journeeey:20170527112703j:plain

行き先でも、家のガレージでも、周囲にけたたましい音を轟かせていたのですが、今では心地よいエンジン音を響かせています。

まだまだ活躍しそうですね♪

 

それではまた〜!!

 

【関連記事】

【レガシィ アイドリング不調】吸気系が原因か?インタークーラーを外してスロットルバルブを確認 - 【クルマの自力整備手帳】レガシィターボのDIY整備記録

【O2センサー故障か】突然のアイドリング不調!エンストするAT車 レガシィBP5 16万キロ超えの過走行車 - 【クルマの自力整備手帳】レガシィターボのDIY整備記録

【レガシィターボを自力整備用工具】DIYに使う工具たちを一挙ご紹介! - 【クルマの自力整備手帳】レガシィターボのDIY整備記録