読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【レガシィ自力整備手帳】レガシィターボのDIY整備記録

生粋のレガシィ好きによるDIY整備記録

【轍にハンドルが取られる】夏タイヤに変えた影響か?低速走行時のふらつきが異常(´・ω・`)レガシィBP5

こんにちは^_^

4月です。

スタッドレスタイヤから夏タイヤに変えました。

さぞ燃費も元通りかと思いきや、走り出してすぐにハンドルに違和感が。

 

いつもの道をいつも通り走っているのに、ハンドルが取られる取られる(泣)

 

対向車に、歩道に、ぶつかりそうになりながら走行する始末。

こりゃ危ない!

レガシィターボ、運転していて快感どころか超ストレスです(泣)

轍にハンドルが取られる原因はどうやら足廻りにあり

「ハンドル 取られる 轍」で調べてみると悩まれている方が多いようですね。

考えられる原因は以下の通り。

  • タイヤの空気圧がおかしい
  • ホイールバランスの狂い
  • アライメントの狂い
  • タイヤの硬化
  • ステアリング系のトラブル
  • サスペンションの限界

どうでしょう?

※サスペンションの限界は百も承知です。

 

わが愛車レガシィのスペックはこちらです。

【車名】
LEGACY BP5 2.0GT Spec.B 5AT

【年式】
2003年5月 A型

【排気量】
2000cc

【エンジン】
水平対向4気筒DOHC ターボ

【最高出力】
260馬力(6000rpm)

【車両重量】
1,460kg

今回の整備計画は以下の通り。

  1. タイヤの空気圧をチェック
  2. ホイールバランス調整

これで治らなければアライメント調整に取り掛かる予定でした。

 

ホイールバランスを取ったら治った!

結論から言うと、轍にハンドルを取られる原因はホイールバランスの狂い過ぎでした。笑

実は夏タイヤに変えてからというもの、高速走行中(特に1◯0キロ走行時)ハンドルがブルブル揺れる症状が出ていたので、車屋で4輪ともホイールバランス調整をしてもらいました。

 

するとびっくり!

轍にハンドルが取られなくなってるじゃありませんか!笑

 

というわけで、

【修理費】

合計:4,320円

 

いや〜、クルマって奥深いですね!

高速走行時(1◯0キロ走行時)に発生する振動が、低速走行時(40キロ以下)にハンドルが取られる原因だとは思いませんでした^^;

 

ひとまず治ってよかった(*´∀`*)

それでは!